個展「色に読む-めくるめくポラリス」at 湘南蔦屋書店

色に読む「めくるめくポラリス」

– 本を読むというのは一体 どこで読んでいるのでしょう
私は色に読んでいました-

-In which language have you read on reading a book?

I have read it in Color.-
Let it compare the joy with books which gives us various,
indispensable, and shining experience to dazzling polaris.

 

神様のボート江國香織

「あの頃と現在に舫われる色」Color Moored at that time and now

 

野生のおくりもの 早川ユミ

「うちがわに触る色」Color Touching the inside

 

燃えるスカートの少女  エイミー・ベンダー

「さびしいと思っていた世界に抱きしめられた色」Color Wrapped by the world formerly reflected loneliness

 

たのしいふゆごもり 片山令子

「とじて・ひらく色」Color CLOSE • OPEN

 

最後の将軍 新装版   司馬遼太郎

「わたくしの飛び方色」Color Way of my fluttering

 

あしたもこはるびより つばた英子、つばたしゅういち

「織りなされるふうふ 色」Color Couple being woven

 

あなたのために~いのちを支えるスープ 辰巳芳子

「水に宿る 生まれたて色」Color Newborn lodges in water

 

泣きたくなるほど愛おしい ニューヨークの魔法のはなし 岡田光世

「日常のあちこちに隠れるまほう色」 Color Magic hidden here and there in daily life/ Find me!

 

デザインと死  黒川雅之

「不安とつくる、巡り色」 Color Circle made with ambivalence