家庭画報.com vol.1

 

 

家庭画報.com

今月からはじまる占星術の連載に絵を寄せています。
https://www.kateigaho.com/tags/johnny/

 

はじめて企画が通ったんです

まばゆい眼差しときらきらとした面持ちに、他に余地がないまっすぐな熱量をもって、ご連絡いただき、みえない(かも)しれない領域に対して制作し、世に置くことができるのは、このあたらしい編集者さんによるものなのだけど、
「信じられる 何か」があることは
どれくらいひとを大切にするのだろう。と、しんしんと考えていた。つくる前提に 観念なる、信じずにはいられないま真ん中部があるのはしあわせだと あらためて思わされた。何かに由来し、お守りのように、すんっと自らの軸足を置くことができるおめでたさやゆるげなさは、それを良しとしてくださる環境によるもので。やはり色即是空ようなるところだった。
たとえば、星にすこしの勇気や励ましを、合図やメッセージをもらえるのはいいなと思いました。
とはいえ、ジョニーさんのテキストは、依存させないきびしさや、つまるところは自分次第という
手放されるいいあんばいが、心地よく届きます。
毎月更新。ぜひ お時間ある折に、星の気配を お読みになってみてください。